コンサートとライブの違いって?について

トップ画像

コンサートとライブの違いって?

音楽のイベントと言えばコンサートですよね!
しかし、コンサートにも似てるようなライブってのもあります!
今回はこの、コンサートとライブの違いについてご紹介していきたいと思います。
そもそも、この二つのイベントに違いはあるのでしょうか?

ただ、コンサートと聞くとなんだか静かなイメージがありますよね?
例えばアリーナでピアノとかを演奏するようなのって、コンサートってイメージがあります。
逆にライブと聞くと、静かというよりはみんなで盛り上がって楽しむというイメージがありますね。
このことから恐らく両者には絶対的な違いがあると言えるので、二つに分けられたのではないでしょうか?
ちなみに、コンサートとリサイタルも違うと言われています!
これは、主役がいるかいないかであり、主役がいる方がコンサートですが、リサイタルというのは複数のゲスト・メインが存在しています!
楽しみ方は人それぞれなので、好きな方に参加してみてくださいね!

ピアノを用いたコンサートについて

コンサートと聞くとミュージシャンやアイドルのイベントコンサートを連想することも多いですが、一般的には演奏会と言うことでクラシック関連の楽器によるもので利用されることが多くなっています。クラシック関連の楽器の中でも特に演奏されることが多いものとして知られているのがバイオリンとピアノであり、ピアノの場合は大人から子供まで非常に幅広い年齢や性別の人たちが開催することでも有名なものとなっています。と言うのも、ピアノは昔から習い事の一種として一般家庭にも広く親しまれている楽器であり、多くの人が触れているクラシックの片りんであるからと言われています。そのため、子どもの腕前を披露する発表会として利用されることもありますし、腕前を競うための演奏会としても利用されることがあるなど、非常に開催されるコンサートにバリエーションがあるという特徴を持っています。アマチュアでもバリエーションが豊富なのでプロの場合はさらにバリエーションが増えており、競技と言う意味での演奏会だけではなくプロ単体での演奏会やほかの演奏者とのコラボレーションイベントとしても開催されることがあり、バイオリンなどほかの楽器と一緒に競演することもあります。このように楽器単体で演奏会を開催することができるほどイベントで利用する楽器として親しまれており、趣味の範囲だけではなくプロを目指して頑張る人たちの通過点としても利用されることが多くなっているようです。

おすすめWEBサイト 5選

シザー

ソファーベッド 販売

ベリーダンス衣装

レコード買取 CD買取なら音楽買取.jp

NPO法人ISOマネジメント協会/ISO内部監査員研修教育

2016/7/14 更新